E-mail
Welcome Guest 
  • カテゴリ イベント以外の活動 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

Blog - イベント以外の活動カテゴリのエントリ

本日の申し入れ報告

カテゴリ : 
イベント以外の活動
執筆 : 
helipadverybad 2011-1-16 23:08
       

本日のアメリカ大使館への申し入れ、10日と同じように多くの警官によって阻止されました。
そして今回、アメリカ大使館は申し入れ書を受け取ることすらしませんでした。
 
高江への米軍ヘリパッド建設強行に私は強い怒りを感じています。
しかし怒りを暴力的なもの、攻撃的なものに転化したくはない。
私たちの意見を聞いてくださいと申し入れることは、きわめて平和的な方法です。
 
怒りをかき立てておいて、異議申し立てをしようとしたら警察が力ずくで押し返す。
アメリカ大使館は無視をする。
こんなことをいますぐやめてもらいたい。
 
警察は誰を守っているのでしょう。
高江でも辺野古でも、そして今日の東京でも、国の権力の前に立っているのは、平和に暮らしたいと思っている人々です。

ym
 

沖縄県東村高江でのヘリパッド建設工事の強行に抗議し、工事の即時中止を求める申入書


 

米国大統領 バラク・H・オバマ 様

駐日米国大使 ジョン・V・ルース様                         

2011116

 

私たちは沖縄県東村高江への米軍ヘリパッド建設工事が20101222日以降、断続的に強行されていることに強く抗議し、米軍ヘリパッド建設工事の即時中止を申し入れます。

 日米両政府は地元住民の意向を無視し、北部訓練施設の一部返還と引き替えに高江をヘリパッド建設予定地に一方的に定め、米軍基地の機能強化につながる工事を行おうとしています。20101223日、米軍ヘリのホバリングによってテントが損壊されました。その事件の真相の究明がいまだされていません。それにもかかわらず、2011111日、またもやヘリパッドの建設工事が強行されました。事件の真相究明と、住民の安全確保よりも米軍ヘリパッドの建設が優先されるこの状況に、強い怒りを感じます。

 そもそもSACOは沖縄県民の負担軽減を目的としているはずですが、沖縄県民の誰もヘリパッド建設が負担軽減になるとは考えていません。
それどころか、基地の整理縮小を名目とする米軍基地の機能強化によって実質の基地負担が増しているのが現状です。
真に沖縄県民の負担軽減を考えるなら、ヘリパッド建設を北部訓練場一部返還の条件にするべきではありません。

 私たちは米軍ヘリパッドの建設工事の中止と、米軍による事件の真相解明ならびに被害を受けた住民への謝罪を求めます。高江は米軍が駐留するための土地ではなく、そこに住まう人たちの生活の場です。現状でも住民は騒音や危険と隣り合わせの生活を強いられています。基地の整理縮小の看板を掲げながら基地負担を増やす日米両政府の姿勢には到底納得することができません。米国の軍隊と基地の利益のためにのみ奔走する愚挙を即刻とりやめてください。

 日本政府は、高江への米軍ヘリパッド建設について話し合いの場を設けることもせず、説明責任を果たすこともせず、住民が現場で座り込みをするほかない状況を作り出しておきながら、住民に対して通行妨害禁止の訴訟を起こし、裁判が係争中にもかかわらず工事を強行しています。行政および司法の権力を用いて国民の声を封じ込めようとする日本政府の姿勢に、米国も荷担しています。その現実に目を向けてください。

 また、米国大使館に申し入れに訪れた市民に対しての誠実な対応を望みます。日本警察と結託して民意を排除する米国大使館の姿勢には多くの批判が寄せられています。世界各地の市民からの抗議や申し入れの声に真摯に答えてください。


 

【要請事項】

1)沖縄県東村高江への米軍ヘリパッド建設工事を、いますぐ中止すること

2)12月23日の、米軍ヘリによって住民のテントが破壊された問題の事実関係を明らかにし、米軍

  に謝罪をさせること

3)SACO合意を再検討し、米軍基地を無条件撤去すること

4)高江住民を通行妨害で訴えている裁判を取り下げ、住民に謝罪すること

        

             団体名:ゆんたく高江



 今日はアメリカ大使館に高江のヘリパッド建設への抗議申し入れに行ってきました。
集まった人は100人くらい、日本中、世界中から集まった申し入れ文が約130通。
しかしみんなで大使館に行こうとすると、寒風吹きすさぶ中、日本の警察がとおせんぼ。
寒いよ—、公道だぞ、通せ—と声を上げつつ、仲間同士でおしくらまんじゅうをして体をあたためてみたり。
結局、警察と2時間近く押し問答をして、ようやく代表の3人だけで申し入れに行きました。
そこでも、「報道のカメラがあるなら出てこない」と大使館の人は言い、門の前で待たされる。
「こちらが来てくれと頼んだわけではない」とも言われました。
いやいや、私たちだって好きでとおせんぼされたりおしくらまんじゅうしているわけではありません。
ここに来ないといけない理由が、アメリカと日本の政府によって作り出されているから来たのです。
結局、申し入れ文を受け取ってくれたのは警備員の方でした。
デモのときもそうだけど、警察の異常な警戒態勢には疲弊させられます。
警察や防衛局と対峙する瞬間というのは、現場に集まっている人数が多いこと、電話やツイッターなどでネットからの支援があることが、本当に心強いと感じるときです。
だから今日のアクションから、また少しでも高江の問題が知られていくといいな。
みんなはアメリカ大使館前から防衛省前行動へ流れていきました。
日本政府にもアピール!そちらにつきあえなくてごめんなさい〜。

ym

 



今朝の高江ヘリパッド工事強行に対して、
本日、ゆんたく高江は有志で防衛省に申し入れをしてきました。
取り急ぎ、申し入れ文を掲載しておきます。

それと今度の日曜日(26日)に14時から新宿アルタ前でアピール行動などやる予定です。
詳細は改めてアップします。皆さまご参加下さい。こちらも取り急ぎ情報ですみません。。
よろしくお願いします。


AB

 

*******申し入れ文*********
 
沖縄県東村高江米軍ヘリパッド建設工事着工に反対する申し入れ
 
 沖縄県東村高江では、住民側の一貫した反対にもかかわらず、防衛省および沖縄防衛局によって米軍ヘリパッドの建設工事がごり押しされている。
防衛省はこれまで、話し合いを求める住民側の意見に耳を貸さず、再三の抗議を無視してきた。そのため、やむなく住民は着工予定地前に座り込み、監視活動を続けることを余儀なくされている。それにも関わらず、国は住民の監視活動に対して、住民を狙い撃ちにした通行妨害の禁止を求めた裁判を起こすなど、行政に加えて司法の権力までも動員して弾圧を加え続けている。
 こうした中、本日(2010年12月22日)、早朝6時半に予告もなく高江に100名もの防衛局員および作業員が押し掛け、住民の抗議の中、2か所にフェンスが設置され、重機が敷地内に搬入された。フェンスの設置のラインは米軍提供地域ではなく、林野庁の管轄の土地であるにもかかわらず、抗議する住民は作業員のスクラムによって押し返されている。フェンス設置の工事のみといいながら、フェンス設置に必要ではないユンボ等の重機を敷地内に入れ、かつ、砂利を敷き詰める行為は、絶対に許されるものではない。
防衛省および沖縄防衛局は、説明や話し合いを求める住民に対して、まったく説明責任を果たしていない。そして住民を通行妨害で訴えるというスラップ訴訟によって住民を疲弊させ、司法の場に引き出しておきながら、一方では建設工事を無理やり進めている。こうしたなりふりかまわぬ行動に、私たちは強く抗議する。
以下、申し入れる。
 
 
1)沖縄東村高江への米軍ヘリパッド建設工事を、即時中止すること
2)防衛省が高江住民を訴えている通行妨害禁止裁判を即時、取り下げること
 
 
2010年12月22日 
 
 
ゆんたく高江

 
 『あごら』最新号の特集は「普天間基地「移設」を考える」。
高里鈴代さんの講演をはじめ、名護市議選、キャンプ座間、横田基地、岩国などなど各方面からの声が寄せられたボリュームのある一冊です。
この号に高江の座り込みとゆんたく高江の活動についての文章を書かせてもらいました。
ぜひ手にとってごらんください。

ym

相変わらずロゴが可愛いですね。
「怒」って書いてあっても、全然怒ってる感じがしない笑。
このロゴが違うデザインだったら、デモのイメージも違うでしょうね。
デザインの力はすごい!

AB




★☆★☆★☆★☆★☆★転送・転載大歓迎★☆★☆★☆★☆★☆★

 

沖縄への基地押しつけはおしまい! 新宿ど真ん中デモ

~「中国が攻めてくる」なんてありえないよ~

12月5日(日)13時:トーク&アピール 14時:デモ出発 ともに新宿東口アルタ前広場にて

※デモをお手伝いしてくれる方を募集します、12時半にアルタ前に集合して下さい。

トーク:『中国が攻めてくる?沖縄は「防衛の最前線」?デマ言ってんじゃないよぉ~!』解説/11月28日沖縄県知事選挙の現地レポート/コール練習&デモ道具について…その他企画中★

新宿繁華街を縦断!のデモコース:アルタ前~紀伊国屋書店前~明治通り~アルタ前~西口大ガード下~西口商店街~西口大ガード下~靖国通り~アルタ前 

地図: http://maps.google.com/maps/ms?ie=UTF&msa=0&msid=114353376584405757976.0004912956356f908cd31

(呼びかけ)

中国が攻めてくる? 沖縄は「防衛の最前線」?デマ言ってんじゃないよぉ~!

 

無人島の近くで船がぶつかった。それだけで日本中が大騒ぎ。「領土を守れ」と叫びながら軍隊を増強して国境に配置する。歴史上なんども繰り返された戦争への道だ。危機をあおり緊張を高めているのは、日本のほうじゃないか!

 

そもそも基地を押しつけられる沖縄住民の生活はどうなる?米軍基地周辺で一日じゅう鳴り響く銃声や戦闘機の爆音。「防衛」ではなく侵略のための殺人訓練。県外移設の約束を裏切り、県知事選挙後の「辺野古」移設具体化をねらっている日本政府。圧力をかけ続けるアメリカ政府。こうしたすべてにたいする沖縄住民の怒りは少しも変わっていない。

 

沖縄差別としての米軍基地押し付けも、日本の侵略主義のなごりである「尖閣」問題も、すべて「本土」にくらす私たちが変えていくべきことだ。

 

いまの日本の戦争ムードは絶対おかしい! むずかしく考える必要はない、まずはそれを訴えよう。友達を誘い、道具を持ち寄り、音楽を鳴らして、新宿を埋めつくそう。脅威論に踊らされるな、平和を作りだそう。「新宿ど真ん中デモ」へ!

★デモに向けたこれからの予定:沖縄県知事選の当日、東京でもマイクアピール&デモ宣伝!

11月28日(日)14時半~16時 場所:新宿東口アルタ前広場に集まって下さいね!

★団体賛同を募集します。上記メールに団体名をお送りください。(デモ準備で個人賛同を集約する時間がないため、申しわけありませんが団体・グループに絞ります。デモはぜひどなたでも気軽にご参加ください。)

●賛同団体(11/17時点):明日も晴れー大木晴子のページ/「沖縄~東京 ピースカーニバル2010」実行委員会/三多摩野宿者人権ネットワーク/静岡反戦共同闘争会議/反天皇制運動連絡会/PEACE NOT WAR JAPAN/ヘイトスピーチに反対する会/辺野古への基地建設を許さない実行委員会

★沖縄への無関心。高まる東アジアへの「脅威論」。それらによる基地押し つけの何が問題なのか、『「沖縄を踏みにじるな!」――緊急アクション実行委員会による歴史年表とQ&A』を作りました! ぜひごらんください。http://d.hatena.ne.jp/hansentoteikounofesta09/20101028

★今回のデモタイトルと告知文は今までよりテーマが増えました。私たちも悩んだ末に決めました。どんな話し合いをしたか、今の状況をどう見て何をすべきか--http://d.hatena.ne.jp/hansentoteikounofesta09/20101205 に掲載しました。今後もみなさん、議論していきましょう!

 

★今回のデモも、関心を持つみなさんと一緒につくりたいと思っています。プラカードとシュプレヒコールのことばをブログのコメント欄に大募集します。また、前回デモの反省点も載せました。どう改善していけるか、ぜひご意見と実践をお願いします!文言は http://d.hatena.ne.jp/hansentoteikounofesta09/20101204 にお願いします★(またtwitter http://twitter.com/domannakademo にも寄せて下さいね!)

 

 

★★★★★★転送・転載ここまで★★★★★★


 



(デモコースはブログに掲載します) 
★街頭宣伝では、様々なトークゲストやアピールグループを予定しています。

主催:沖縄を踏みにじるな!緊急アクション実行委員会
ブログ:http://d.hatena.ne.jp/hansentoteikounofesta09/  
twitter:http://twitter.com/domannakademo
連絡先:no.base.okinawa@gmail.com  090?5344?8373
(デモ準備をともに担ってくれる方を募集しています。お気軽にご連絡ください。)

 
普天間米軍基地の辺野古移設をうたった「日米共同声明」から4ヶ月。
沖縄のだれも合意していない移設案が、進展するはずもない。
ところが政府は「声明」のなかの「共同使用」の文言につけこんで、
辺野古や宮古島、石垣島、与那国島への自衛隊配備を狙っている。

自衛隊は「日本の防衛」のために米軍と共同訓練をするのか?
でも米軍が沖縄でやっているのは、ジャングルでの戦闘訓練だ。
イラクやアフガンのような場所での戦争が目的で、「防衛」なんて関係ない。
 
私たちが安全なテレビやパソコンの前で「隣国の脅威」をあおられる一方で、
琉球諸島の人びとは、基地化によって日常が危険に変えられようとしている。
時代錯誤の軍拡競争を、まず自分たちからやめようとしなければ、
沖縄差別も「東アジアの緊張」もなくならないだろう。
戦争を作り出すだけの「日米安保」はいらない!
 
「米軍だけじゃない、自衛隊も沖縄を踏みにじるな!」
声を上げなきゃ始まらない。私たちには現実を変える力がある。

友達を誘い、道具を持ち寄り、音楽を鳴らして、「共同声明」反対の声で
新宿を埋めつくそう。「新宿ど真ん中デモ」で会いましょう!


★デモに向けたこれからの予定、気軽にご参加ください★
 
◆デモに向けた街頭宣伝をにぎやかにやります!
9月26日(日)12時〜 JR中野駅北口駐車場にて
(沖縄県人会青年部主催の「あしば会」に参加される方々に配ります)
 
◆ライブ会場に「ど真ん中デモ」のブース出展します。
「NO BASE! MORE MUSIC!『沖縄〜東京 ピースカーニバル2010』」
10月3日(日)OPEN 14:30 START 15:00
会場:東京・青山 EATS and MEETS CAY http://www.spiral.co.jp/f_guide/cay/
イベントの詳細は http://d.hatena.ne.jp/peacecarnival/ をチェック!
 
◆デモ前日に与那国島の町議・田里さんが発言します。私たちも参加します。
「沖縄・自衛隊基地の強化を許さない10・9集会」
10月9日(土)18時半〜 文京シビックホール会議室1+2にて。
イベントの詳細は http://www.jca.apc.org/HHK/2010/101009_NOjieitai.html   

8.27デモ報告

カテゴリ : 
イベント以外の活動
執筆 : 
helipadverybad 2010-8-27 23:33
  

デモに行ってきました!
200人を超える参加者、デモの前にはミニライヴもあったよー。
ゆんたく高江はデモの最後尾で、いつもの横断幕を掲げておりました。



 ほかの参加者の方からも、「目立ちますね」「きれいですね」と声をかけてもらいました。
メンバーの一人の力作。大活躍だよ、この横断幕。
それにしても、今回のデモはいろんな意味でアツかった。
夕方からでよかったと心底思いました。
日中ならぶったおれていたかもしれません。
熱気が冷めないうちに、明日は宮下だ。
みなさんぜひご参加ください。

ym





7月4日。オキボが高江に来襲してる頃でしょうか。
ブラジルではW杯期間中は公務員すらも仕事が手につかないのでお休みしたりするようですね。
スクラム組みながら居眠りしてるオキボが居たら、前夜の準々決勝を観てたんだなと微笑ましく思え…ないか。

東京では眠気を吹き飛ばす新宿ど真ん中デモが、みたび。

AB



----------転送・転載大歓迎!----------

沖縄に基地を押し付けるな!
決着はついてないぞ! 7.4新宿ど真ん中デモ

7月4日(日) 14時街頭宣伝 15時デモ出発 ともに新宿東口アルタ前広場にて
★楽器、プラカード、横断幕など何でも持参して下さい、デモは全員でつくりましょう。

私たちは問われている。問題は全然終わってない、熱を失うなと。
4月25日の大会に9万人以上、辺野古の座り込み2200日以上、沖縄は島ぐるみで行動してきた。
首相官邸前で、東京・新宿の繁華街で、私たちも声を上げ続けた。
沖縄に押し付けられた現状を変えるには、さらに多くの人と一緒に動きたい。

新首相? 支持率アップ? 私たちはだまされない。
5月末の「日米共同声明」とは、沖縄が全く同意していないのに、閣内の了解すらなくたった4人の日米閣僚が出したもの。世界一危険な普天間基地を、同じ沖縄の辺野古に海をつぶして移設する、それは振り出しに戻る最悪の案だ。しかも押し付けはそのままに、日本本土の自衛隊基地も米軍が活用できる、戦争を行う体制の全面化。それを「沖縄の負担軽減」と言い換えただけのとんでもないペテン!

こんな「決着」はありえない。
日本政府は「抑止力」というウソを連発しながら沖縄差別を続けてきた。
ヤマト(日本)の多くも無関心のもとに許してきた。
沖縄の怒りは、私たち自身にそれを変えることを求めている。
問題を忘れさせようとする日本政府とこの社会に、私たちの姿を見せ付けよう。
7月4日、選挙の一週間前、言いたいことを全部言おう。「新宿ど真ん中デモ」へ!

★4月24日「新宿緊急デモ」:http://d.hatena.ne.jp/hansentoteikounofesta09/20100425
★5月30日「新宿ど真ん中デモ」:http://d.hatena.ne.jp/hansentoteikounofesta09/20100601

主催
▼沖縄を踏みにじるな!緊急アクション実行委員会
http://d.hatena.ne.jp/hansentoteikounofesta09/ デモコースもここに掲載
no.base.okinawa@gmail.com  090-5344-8373
▼辺野古への基地建設を許さない実行委員会
http://www.jca.apc.org/HHK/NoNewBases/NNBJ.html
henoko.jitu.2004@gmail.com 090-3910-4140

***************************************
 戦争協力させない東京ネットワーク
 e-mail:hi_kyouryoku@yahoo.co.jp 
 http://blogs.yahoo.co.jp/hi_kyouryoku
***************************************

新宿デモ再び!
もう明日ですけど。
ゆんたくからも何名か参加します。


AB


-------------転送・転載大歓迎-------------------------

 5月28日(金)、日米安全保障協議委員会(SCC)メンバーの岡田克也外相、北沢俊美防衛相、クリントン国務長官、ゲーツ国務長官は、「1800メートルの長さの滑走路を持つ代替施設をキャンプ・シュワブ辺野古崎地区及びこれに隣接する水域に設置する意図を確認した」との共同声明を発した。

 「できれば国外、少なくとも県外」の公約を破り、民意を裏切り、閣内の了解も取り付けない正当性を欠いた、こんな頭越しの決定―県内基地タライ回しの押し付けを、私たちは絶対に許さない。

 共同声明は代替施設の位置・配置及び工法に関する専門家による検討を「いかなる場合でも10年8月末日までに」完了させるとしている。こんな形ばかりで帳尻合わせの「5月決着」は、当然にも様々な抵抗に遭い、必ずや頓挫する。頓挫させる。その抵抗を作るのは私たち一人ひとり。

 辺野古での2200日を超える座り込みが、今なお杭一本すら打たせていないように、粘り強く世論を喚起し続けているように、ヤマトでも、ヤマトでこそ、圧倒的な世論で鳩山政権を包囲し、日米共同声明を撤回させよう。

 まずは30日の新宿ど真ん中デモへ!

~・~・~・~・~ 転送・転載大歓迎! ~・~・~・~・~

「沖縄を裏切るな! 新宿ど真ん中デモ」

▼5月30日(日)14時:デモ出発 13時:街頭宣伝 ともに新宿東口アルタ前広場に集合。
▼デモコース:新宿東口アルタ前広場~新宿大ガード下右折~靖国通り~明治通り右折~
新宿通り(紀伊国屋書店前)右折~JR新宿駅手前で左折~新宿駅東南口~明治通り左折~
中央通り(ディスクユニオンの通り)右折~JR新宿駅手前で右折~アルタ前広場ゴール
http://maps.google.co.jp/maps/ms?hl=ja&gl=jp&ie=UTF8&oe=UTF8&msa=0&msid=113714650901173208681.00048698e4d456669b9ff
▼主催:「沖縄を踏みにじるな!緊急アクション実行委員会」
▼連絡先:no.base.okinawa@gmail.com 090-5344-8373(茂木)
▼ブログ(「反戦と抵抗の祭<フェスタ>09」)
http://d.hatena.ne.jp/hansentoteikounofesta09/

「県外移設断念」?
またしても踏みにじられる沖縄。裏切られる沖縄。
<ちなみに徳之島は沖縄県ではないけど、歴史的・文化的には「北琉球」>

沖縄を裏切った鳩山政権。それを追及する自民党は、戦後ずっと沖縄を踏みにじってきた張本人。
抑止力? アメリカの海兵隊に抑止力を期待するなら、なおさら沖縄に在る必要がない。
<もちろん、海兵隊は日本防衛のために沖縄にいるわけではない>

「思いやり予算」の甘い汁を吸い続けたいアメリカ軍。亜熱帯のリゾート地で訓練したい軍人たち。
それは中東で、そして世界のあちらこちらで、人殺しをするための訓練。

安保体制とは、現実には、人殺しへの協力体制のこと。

歪み続ける世界の中で、私たちは街に出て歩く。
叫びながら、うめきながら、思い考えながら、それぞれのやり方で。
 「沖縄を踏みにじるな!」という声で、街を埋め尽くしたい。

5月30日午後1時、新宿東口アルタ前集合。「新宿ど真ん中デモ」へ。

▼前回4月24日デモの写真・レポートは
http://www.labornetjp.org/news/2010/1272212636956staff01
▼5月10日のアルタ前広場街宣のレポートは
http://www.labornetjp.org/news/2010/0511hokoku/
▼5月15日アルタ前広場街宣のレポートは
http://d.hatena.ne.jp/hansentoteikounofesta09/20100518/1274163641
▼5月22日アルタ前広場街宣のレポートは
http://d.hatena.ne.jp/hansentoteikounofesta09/20100523/1274632842
▼5月26日国会前行動のレポートは
http://d.hatena.ne.jp/hansentoteikounofesta09/20100526/1274958365
▼前回デモが少し報じられた「琉球日報」の各地の抗議アクションまとめ記事:
沖縄の声 共感の輪
「安保は日本全体の問題」
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-161365-storytopic-220.html

***************************************
 戦争協力させない東京ネットワーク
 e-mail:hi_kyouryoku@yahoo.co.jp 
 http://blogs.yahoo.co.jp/hi_kyouryoku
***************************************
 

Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project